モビットの審査の知っておきたいこと

Q:低金利なキャッシングができるカードローンのオススメは?

mobit
A:それはズバリ『モビット』です!

「モビット」は、総量規制対象外の

銀行カードローンの中でも、
《スピード・便利・低金利》を実現しました。

専業主婦にもおすすめ、最大30万円まで融資可能なカードローンです。

<<モビットの特徴>>

その1 モビットの金利は4.0%~14.0%。

消費者金融のアコムやモビットの金利は、
10万円~100万円未満・・・18.0%、
100万円以上・・・15.0%以下
ですが、

「モビット」なら上限金利はなんと《14.0%!》

100万円未満なら、消費者金融の18.0%より4%も低くなります。

100万円以上では《金利12.0%》となり、
上記の消費者金融の15.0%より3%も低い金利となります。

この低金利を活かした「借り換えローン」や「おまとめローン」が大変有利です。
初めてのカードローンはもちろん、低金利ローンへの借り換えや
複数ローンのおまとめにも最適と言えるでしょう。

はじめからたくさんのキャッシングをしないという人も、
今後の増額する場合のことも考慮すると、限度額ごとに金利が決まっている
「銀行カードローン」の方が断然有利となるに違いありません。

その2 銀行本体での貸付だから「総量規制対象外」

総量規制の対象外、なので、「年収の1/3までしか借りられない・・
という不便さがありません!
総量規制は関係ないから、収入が無い専業主婦でも、
配偶者に安定的な収入があれば最大で30万円までの融資が可能。

その3 銀行なのに審査時間が早い!即日審査が可能!
その4 わずらわしい書類提出が不要!

すでにモビットの口座を持っている人なら、
みずほダイレクトをご利用または通帳を用意するだけで、最短即日融資が可能。
さらに200万円以下の融資なら、収入証明書や本人確認書類が不要!
極限まで利便性を追求、書類を提出する必要がなくなりました。

その5
WEB申込みなら、来店・郵送も不要!

その6 モビットのキャッシュカードで借入&返済ができる

モビットのキャッシュカードを使ってATMから借入・返済が可能。
銀行のカードだから「借金するのがわかってしまう」恥ずかしさがありません。

総量規制対象外の銀行カードローンの中でも
低金利・審査スピード・利便性 この全てを兼ね備えた
「モビット」は、
自信を持ってオススメできる一枚となっています。

なるべく早く借りるための即日融資と在籍確認なし!専業主婦の場合は?

キャッシングを利用する場合は、モビットやプロミス、レイクなど、どこの会社でも審査が行われる事になります。しかし人々の中には、審査ををできるだけ早く完了させたいと望む方々も見られます。

早く借りるための準備

そもそもどこかからお金を調達するとなると、急ぎの需要もあるでしょう。買い物や冠婚葬祭などの事情があって、とにかく1時間でも早くお金を調達したいとのニーズも意外と多いです。

そういった方におすすめなのが、即日融資に対応しているキャッシングと、在籍確認なしのキャッシングです。

即日融資に対応している

即日融資に対応しているキャッシングは、平日はもちろんですが、土日の即日融資も可能な会社もあります。消費者金融に関しては、ほとんどのサービスが対応しています。

今すぐ借りたいなどの急ぎの融資が希望の場合は、消費者金融がおすすめです。

即日融資を受けるための審査ポイント

審査をを早く完了させたいとお考えなら、まず必要書類の準備がポイントになってきます。まず審査を受ける時には、必ず金融会社に書類を提出する事になるのです。

それで一番肝心なのは、審査に必要な書類がしっかり揃っているか否かです。何か1点でも欠けてしまいますと、多くの時間がかかる事があるので、注意を要します。

必要書類

主に審査に必要な書類は以下のものです。
身分証明者
収入証明者

  • 身分証明書
  • 収入証明書

意外と見落としがちなのが、収入証明書ですね。審査の都合によって、給料明細などが求められるケースも多々あるのです。それを忘れてしまいますと、審査が完了するまでにかなり時間がかかってしまう事があるので、要注意です。

即日融資を受けるための申し込み方法

申込方法なども、意外と大きなポイントです。融資関連の商品に申し込みをするのは1つだけではなく、複数の種類があるのです。インターネットや実店舗や郵送など、様々な選択肢はあるでしょう。

申込方法のよって、審査スピードに関する違いはあります。一般的にはネットで申し込みをする方が、審査が完了するまでのスピードも、総じて早くなる事が多いです。もしくはネットと実店舗を併用する申し込み方法によって、かなり時間を節約できる事もあります。

このように審査のスピードは、事前の準備次第で早めることは可能なので、事前に金融会社のシステムなどをよく把握して、スピーディーに審査が完了するよう工夫するのが良いと思われます。

在籍確認なしでの借り入れが可能

在籍確認がない貸金業者であれば、在籍確認にかかる時間も短くなりますが、貸金業法で在籍確認は義務化されています。

しかし、電話による在籍確認を書類による在籍確認に変えてくれる貸金業者も多いので、モビットやプロミスなどの消費者金融業者がオススメです。その際には、会社名の記載のある健康保険証が必要です。

会社名の記載のある健康保険証

専業主婦の即日融資の場合は?

残念ながら、即日融資に対応している消費者金融(モビットやプロミスなど)は、総量規制という貸金業法によって収入のない専業主婦への貸付はできません。

パートやアルバイトなどで収入のある場合は問題ありませんが、収入のない専業主婦の場合は、即日融資に対応している銀行系カードローンの利用がオススメです。

三井住友銀行やみずほ銀行のカードローンが人気が高いです。

お金を借りたい方はカードローンの審査を受けてみましょう

現在はお金が中心に世の中が回っており、お金がないときには非常に不幸を感じやすい社会となっています。以前まではお金がたり苦しい時には生活を節制することでなんとか切り抜けている人が多かったですが、現在ではお金がないときにお金を借りて、お金があるときに返済をする生活スタイルが若者の間で流行しています。それはカードローンが全国に普及しており、金利が安く簡単にお金を借りることが出来る時代となっているからです。

spskms

手軽に安全になったカードローン

以前まではお金を借りる場合には友達に借金をしたり両親に借金をしたりする人がほとんどでありましたが、人間関係の中で借金をすることは信用の破壊になる可能性も高く、人間関係が悪化する原因になってしまいます。

jibasjs

そんな時にすぐに数万円を用立てることが出来ればほとんど人間関係にヒビが入ることはありません。現在の若者はカードローンを利用してお金が必要なときにお金を借りる習慣が定着しており、ほとんど困ることがない生活を送っています。

総量規制の健全化

総量規制により自分の年収の実力以上にお金を借りることができなくなっていますので、お金の借り過ぎにより破産をしたり地獄をさまよったりする人が減っていますので、お金を借りる文化が日本にも健全に定着をしました。コンビニを利用して返済も出来ますので、返済をするにも本当に利用しやすく、本当に便利なサービスに成長したのです。

毎日の生活であと少しのお金があったら幸せに暮らせると思っている人は多く、緊急にお金が必要になる場合だって人生たくさんあります。そんな時にカードローンを利用していればその問題は全て解決しますので、ぜひカードローンを効果的に活用しながら幸せな生活をおくることを頭に入れておいて欲しいと思います。

キャッシング審査は何時まで行われているのか

キャッシングを利用するには審査を受けなければなりません。審査の受付はインターネット申し込みならば24時間行われていますが、実際に審査が行われるのはキャッシング会社の営業時間内です。この審査が進む時間を審査可能時間といいます。

sinsa0

審査可能時間とは

審査可能時間とは、キャッシング会社の内部で申し込みに対する審査が行われる時間です。キャッシングの審査はほとんどがコンピューター処理で行われますが、スタッフによる確認や判断が行われる部分も当然あります。そのため、24時間審査が行われているわけではありません。審査可能時間以外は審査がストップすることになるため、審査の続きや結果の通知は翌日以降に持ち越しになってしまいます。

審査可能時間を知るには

キャッシングの審査可能時間は、一般的な会社の営業時間とは異なります。平日の17時以降も審査業務は行われており、休日でも審査は行われます。ただ、どうしてもスタッフの人員が少なくなるので時間はかかることになります。この審査可能時間、キャッシングによっては公式サイトに明記していることもあります。即日融資などを希望するとき、審査がその日の何時ま行われているかは重要なポイントになります。「お申し込み」の項目などを調べれば審査可能時間が載っていることがありますので、気になる方はチェックしてみてもよいでしょう。

明確な表記がない場合

問題は明確な表記がない場合です。審査可能時間を公表していないキャッシングも多く、この場合は各自で判断するしかありません。そのとき目安になるのは無人契約機の稼働時間です。無人契約機が稼働している時間帯の前後くらいまでは内部での審査は行われています。審査可能時間がはっきりしないときは無人契約機が夜の何時まで開いているかを参考にしましょう。